トロントのコロナ状況 as of November 15

今後、トロントの留学やワーホリをお考えの方に、収束の見通しがつかない状況が続いておりますが、少しでも現地の状況をお伝え出来たら幸いです。

 

オンタリオ州の数字ですが、トロントの日本領事館から届く情報によりますと、「11月13日午前10時30分現在、オンタリオ州保健省は、州内の新型コロナウイルスの感染者数について、新規1,396症例、累計91,180症例(累計死亡:3,312症例、累計回復:76,238症例含む)と発表しました。」とのこと。

 

政府の統計表を見ても、確実に感染者数は増えているのが分かりますね。

 

オンタリオ州政府は、新型コロナウイルスの感染抑制と経済活動維持を両立するための新たな枠組みを発表し、集会人数や各サービス業等の制限を5段階に区分しました。1から規制が緩い順で、トロントは4段階目です。5段目はロックダウン。。。。これは何とも避けたい段階ですね。

 

4段目の主な規制は、以下の通りです。

 

  • 集会人数:すべての公共のイベント及び社交的な集まりにつき屋内10人、屋外25人。
  • 飲食業:店内10人まで。屋外席、持ち帰り、ドライブスルー、配達の営業は可能。
  • 運動施設:(予防段階、防護段階及び制限段階の措置に加え、)クラスは屋内10人、屋外25人まで。マシン等を用いるエリアは10人まで。個人及び団体競技ともに身体接触は禁止。
  • 理美容業:(予防段階、防護段階及び制限段階の措置に加え、)フェイスカバーの取り外しが必要となるサービスの禁止。

また、トロントはオンタリオ州の規制に追加して、独自の規制も導入しています。トロント市独自の主な制限・規制は以下のとおりです。

  •  原則、家族以外の集まりの禁止
  •  緊急の場合を除き、他人宅への訪問の禁止
  •  レストラン、バー等飲食店での屋内での飲食の禁止
  •  ジム、フィットネス施設内での団体フィットネス教室の禁止
  •  集会・イベントスペースの閉鎖
  •  ショッピングモール内で歩行中の飲食の禁止
  •  カジノ、ビンゴホール、その他ゲーム施設の閉鎖

 

留学をお考えの方は、正直まだ安心して渡航ができる段階ではございません。

 

しかし、留学の準備を温めていくことは可能です (^^)